TAISEI BIJUTSU PRINTING

ABOUT US

大成美術プリンティングについて

トップメッセージ

提案から“かたち”にするまで一貫したサポートで、
お客さまのパートナーとして共に成長を目指します。

大成美術プリンティングは1952年、印刷業としてスタートしました。以来私たちは、絶えずお客さまの成長を願って全力でサポートすることで、お客さまからの厚い信頼とご支持を力として着実に業容を拡大してきました。

その成長と拡大の過程でお客さまのニーズも、会社案内などのブランド・プロモーションツールから社内報などのインナーツール、事業報告書などのIR ツール、年史などの企業のDNA を伝承するツールなど、多種多様となりました。そしてメディアも紙からウェブサイト、映像、モバイルへ。私たちは、そうした変化のひとつひとつに真摯に対応し、今ではツール単体の作成に留まることなく、本来の目的である、「ツールを通じて結果を出す」ための戦略策定の段階からお手伝いできるまでになっています。

また、クオリティに対する高い要求にお応えする中で、技術力もしっかり蓄積。培った技術を活かしたオリジナルの特許製品やシステムの開発など、自社プロダクトやオンラインサービスも展開。さらに現在ではグループ会社であるエックスデザインと大成美術プリンティング・ベトナムとの連携により、デジタル系のツール制作全般からオフショア製造まで、グループの総合力による価値の高い提案、サービスを一貫して提供できる体制が整っています。

時代が変わり、技術やコミュニケーション手段が変わっても、私たちの基本的なサービスの原点は変わりません。お客さまを深く知り、さらに社会環境、生活者ニーズ、時代のトレンドも把握し、お客さまのオーダーを具体的な形にして成果につなげる。それにより、お客さまにはビジネスに成功していただき、私たちもパートナーとして共に成長していきたいと考えています。

代表取締役
新保 大八
Daihachi Shimbo

PROFILE

代表取締役
新保 大八
1967年
東京生まれ
1993年
早稲田大学理工学部卒後、同大学院にて建築工学修士号取得。
1993年
丹青社入社、デザインセンターにて施設設計に携わる。
1995年
1級建築士取得。
1995年
大成美術印刷所入社、営業部長、総務部長、工場長を経て、2002年現職就任。
同年新創業計画『V-setPlan』を提唱。
ONTIME

建築デザインは、機能、構造、設備、そして快適さ、さらに美しさといった感覚的な要素が加わり、時にはそれらが相反し、複雑なプロジェクトになります。経営は終わりのない建築デザイン。内外に魅力的な組織にする事が私の役回り、と日々奮闘中。

OFFTIME

企業のグローバルな展開をサポートするためにはグローバルなセンスが必要。時間の許す限り海外への旅に出る。そして仕事も遊びもエネルギッシュに成し遂げるための基礎体力づくりに、週末はランニング・登山・水泳・スキーを楽しむ。

3つの提供価値

お客さまのコミュニケーション・ツールに対するニーズに応え続け70年余り。
私たちは、コミュニケーションの質を高める3つの力を身につけました。
ペーパー、WEB、映像、そしてモバイル。メディアが多様化する時代に、この3つの力をバランスよく提供することで、お客さまのコミュニケーション戦略をサポートいたします。

Value01

Total Management[マネジメント・フィールド]

製品・サービス実現に必要な機能をサポートする組織力

プロジェクトの大小を問わず、川上から川下まで物づくりをトータルにサポートできる機能を持ち合わせ、さらに個々の機能を、情報、品質、生産、環境面で効果的に連携させるマネジメントの仕組みを構築。
物づくりを実現する事業機能と総合マネジメントにより、お客さまにベストフィットなサービスを提供します。

事業機能図

  • 取得規格一覧

  • 賛助会員

Value02

Strategic Design[クリエイティブ・フィールド]

コミュニケーション戦略実現のための企画・デザイン力

私たちはメディアの特性・技術を理解しているだけではありません。どのようなメディアに、どのような表現で、その他のコミュニケーション活動とツールをどのようにリンクさせて相乗効果を狙うか。お客さまとその業界や競合企業、そしてターゲットのことなども十分に検討し、コミュニケーションの目的を達成するための戦略・手法を提案します。
お客さまのビジネスを様々なツールの提供を通じて総合的にサポートできるからこそ、コミュニケーション戦略の最適な施策を提案できるものと確信しています。

企画・設計 編集・コピー グラフィックデザイン ウェブ開発 映像

Value03

Quality Balance[テクニカル・フィールド]

製品実現のための技術力

技術の蓄積と物づくりへのこだわりは新たな創造を生み出し、国内外で特許を取得したオリジナル製 品を実現。さらに特許技術を応用した新製品開発やユニバーサルデザインの開発へと展開。
ペーパーメディアの製造では、職人技のデジタル化(技術の数値管理)により、物理的な距離や社内工程の枠を超え、アウトソースも巻き込み、ネットワークを拡大。
クリエイティブな技術を「スピード・コスト・品質」のバランスの取れた安定品質で提供します。

色管理技術 製本技術 プリプレス WEB制作 XML/CMS/DB/各種プログラミング